knowledge openspace 知の広場

新興国市場の乱気流を切り抜けるには

 

SammySuzuki.jpg

鈴木 清一郎
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
ストラテジック・コア株式運用 ポートフォリオ・マネジャー
 

PDF版をご希望の方はこちら pdf

2015年12月24日

 

以前と比べて足元の新興国市場は荒れ模様を呈しているが、引き続き豊富な投資機会が存在する。必要なのは、単にその投資機会を見つけることだ。そのためには、巧みな操縦とダウンサイド・リスクを探知する高性能のレーダーが重要となる。
 
新興国経済の成長は減速している。コモディティ価格が下落し、一部の主要国は構造的また政治的な問題に直面している。先進国からの需要は継続的に落ち込み、さらに米国の利上げを巡る議論が見通しを不透明なものにした。このような環境で単にパッシブ運用を行っても、過去10年のほとんどの期間で実現したような良好なリターンを簡単に創出することは難しいだろう。
 
投資家は新興国市場への投資をやめたくなるかもしれない。しかし、新興国から完全に手を引いてしまうと、最も活力に満ちた、急成長を遂げる経済や企業への多様な投資機会を見逃してしまうことになる。新興国への投資で成功するためには、たとえ経済が弱い中でも力強いパフォーマンスをあげる企業を特定するとともに、生まれたばかりのトレンドを他の投資家より先に掴むことが秘訣となる。つまり、新興国市場の乱気流を乗り切るには、アクティブ運用を行い、長期的な視点に立つとともに、先手を打つことが必要であるとアライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)では考える。
 
 
ベンチマークに捉われない
 
ベンチマークに捉われない運用の利点は明らかで、取引が集中している証券に縛られることなく投資を行えることにある。新興国の株式市場は先進国と比べて透明性が劣り、また新興国ではニュースが広まるスピードが先進国よりも遅い。結果的に、新興国市場の株式は過剰反応して価格に歪みが生じがちである。そして、常にアンテナを張っている投資家にとってはより豊富な投資機会がもたらされる。これこそ、新興国市場への投資の醍醐味である。
 
アクティブ運用とは、信頼度の高い、長期にわたる株式パフォーマンスの源泉に基づいた運用を意味する。つまり、割安な銘柄を、平均以上あるいは安定した利益をあげている時に、または業績が上方修正される可能性が高いタイミングで購入するという、優れた銘柄選択の基本に従うことである。新興国市場のベンチマークは非常に効率が悪いため、そういった「基本に戻る」戦略がもたらす対価は高いと考える。
 
 
投資の原則: 資産を減らすな
 
変動が大きくなりがちな新興国市場では、攻めよりも守りが肝心である。そのため、ABでは過剰なボラティリティについて特に警戒している。過去何年にもわたって、新興国市場への投資においてはボラティリティが要であると考えられてきた。当市場への投資にはリスクが伴うことが受け入れられてきたため、新興国市場へ投資するアクティブ運用マネジャーはリスクを管理する必要がなかった。投資の専門家の多くが、単にベンチマークの上昇と下落の動きを追うことをリスク管理と呼んでいた。
 
ABは異なる視点を持つ。新興国株式への投資で成功のカギとなるのは、市場サイクル全体を通じて可能な限り資産を増やすことだと考える。それは、相対的ではなく、絶対的なリスクに対して積極的かつ周到に対応することを意味する。これを可能にする方法の1つとして、キャッシュフローが安定しており、自己資本をしっかり管理し、ビジネス・サイクルに左右されにくい企業に注目し続けることが挙げられる。また、迫り来るマクロ・リスクに対して今まで以上に注意する必要がある。ABでは、リスク回避という観点では、銘柄選択やリターンの可能性よりも、それぞれの国や地域に特化した経済に関する社内の知見をより重要視する。このようにリスクを意識するアプローチとは、継続的にダウンサイド・リスクを抑制することであると考える。
 
 
持続するトレンドを掴む
 
経済が大きく変動する局面では、安定した質の高い収益が最も重要なポイントとなる。そのような特長を持つ企業の例として、韓国の美容関連のメディトクスが挙げられる。同社は、手頃な価格で永遠の若さを手に入れられるとされている、改良された次世代のボツリヌス毒素(通称「ボトックス」)への需要の急激な高まりによって収益が伸びている。中国からの海外旅行者は、韓国の高級化粧品会社であるアモーレパシフィックが提供する高級なスキンケア商品に飛びついている。そして、スポーツウェアを普段着として着用するスタイルを指す「アスレジャー」現象の拡大を背景に、アジア新興国全体で紡績会社、織物工場、スニーカー・メーカーが活況を謳歌している。これらの企業はすべて、ライフスタイルの長期的なトレンドから恩恵を受けている(図表)。
 
 

Chart1.png

 
コモディティの動向で景気が左右される国や地域は概して避ける傾向にあるが、低コストの製造拠点の多くでより大きな成長機会があると見ている。例えば、メキシコ、ベトナム、ポーランド、ハンガリー、チェコ共和国などはすべて、安い労働力の代表格であった中国がその地位を失うにつれて、成長率が継続的に上昇するだろう。
 
投資の成功の鍵は、見通しが不透明あるいは悲観的なセクターでも見出すことができる。例えば、電子機器に対する需要は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンといった移行を背景に、飽和に達したように見えるかもしれない。しかし、同じ電子機器セクターでも、韓国や台湾のカメラ・レンズのメーカーやフレキシブルプリント回路基板などの隙間産業の企業は、スマートフォン・メーカーが魅力的な機能の追加やさらなるスリム化を追求するのにしたがって、売上を力強く伸ばしている。
 
経済が大きく変動する可能性が高い中では、アクティブで確信度の高い投資を組み合わせながら、リスクにより細心の注意を払うことがベストな戦略であるとABでは考える。新興国株式への投資の利点を最大限に活用するには、リターンの追求とリスクの抑制を同時に行うことが大切だ。
 

 

 

 

当資料は、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーのCONTEXTブログを日本語訳したものです。オリジナルの英語版はこちら。

https://blog.abglobal.com/post/en/2015/11/how-to-fly-in-turbulent-emerging-markets

 

 

 

 

本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもABポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。本文中で言及した資産クラスの過去のパフォーマンスは将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。 
 
当資料は、2015年11月11日現在の情報を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が翻訳した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。当資料中の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。アライアンス・バーンスタインおよびABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。
 
 
 


 

当資料についてのご意見、コメント、お問い合せ等はjpmarcom@abglobal.comまでお寄せください。

 

 

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号 
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
http://www.alliancebernstein.com

 

当資料についての重要情報

当資料は、投資判断のご参考となる情報提供を目的としており、勧誘を目的としたものではありません。特定ファンドの取得をご希望の場合には当該ファンドの目論見書をご覧いただき、投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。下記の内容は、ファンドをお申込みされる際に、投資家の皆様にご確認いただきたい事項としてお知らせするものです。
 

投資信託のリスクについて

アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.24%(税抜3.00%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.0304%(税抜1.8800%)です。

その他費用:上記以外に保有期間に応じてご負担いただく費用があります。目論見書、契約締結前交付書面等でご確認ください。

上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的なファンドを想定しています。費用の料率につきましてはアライアンス・バーンスタイン株式会社が運用するすべてのファンドのうち、徴収するそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。

ご注意

アライアンス・バーンスタイン株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また、ご投資に伴う運用報酬や保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。上記の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。

 

戻る

著者一覧

page top