knowledge openspace 知の広場

ハイイールド債投資でボラティリティを管理する2つの方法

Photo
ガーション・ディステンフェルド
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
クレジット運用 ディレクター
 
 
 
DouglasJ_Peebles.jpg
ダグラス・ピーブルズ
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
債券部門 最高投資責任者(CIO)
 
 
 
 
 
 

PDF版をご希望の方はこちら pdf

2017年3月2日

 

市場が不透明感に包まれている現在、高いインカム収入を求めつつも高水準のリスクを許容できない投資家にとっては、ジレンマが生じている。しかし、そんな難題にも解決策はあるとアライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)では考えている。それも、二通りの方法があると見ている。
 
インカム収入が必要な投資家は、リスクを完全に排除することは不可能であることを知っている。そして、世界の経済成長が勢いを増し、米国のトランプ政権が規制緩和、減税、インフラ投資の拡大を推進する中、利回りの高いリスク資産を保有することは理にかなっている。
 
しかし、現在の成長トレンドを腰折れさせ、市場に混乱を起こし得る要因は数多く存在している。近く行われるフランスとドイツの選挙では、反体制を掲げる政党が勝利を収める可能性がある。あるいは、トランプ米大統領の移民政策や通商政策が一段と強化されたり、同大統領の発言が市場にショックをもたらす可能性もある。
 
要するに、投資家は2017年の市場で平穏無風な状態が続くと期待してはならない。利回りの高い社債や新興国債券といった高インカム資産は、ボラティリティが跳ね上がった際に真っ先に売り込まれることが多いため、投資家は不安にならざるを得ない。
 
それでも、高インカム資産から完全に手を引くのは、大半の投資家にとって選択肢とはならない。他にインカム収入を得ることが難しい場合には、特にそうだと言える。しかし、幸い、そうした資産を保有することと、リスクを限定することは両立できないというわけではない。
 
債券投資家にとってそのカギを握るのは、金利リスクと信用リスクという2大リスクを理解し、管理する方法を見つけ出すことである。そのために取り得る道は2つある。
 

デュレーションを限定し、信用力を重視

1つ目の方法は、デュレーションを短期化するとともに、信用力(格付)を重視することだ。高格付でデュレーションが短い債券は、長期的に見ればポートフォリオのボラティリティを抑制し、市場下落局面でも底堅く推移してきた。
 
デュレーションは、利回りの変化に対する債券価格の感応度を示す指標である。一般的に、債券は利回りの変化に敏感に反応し、利回りが上昇すれば価格は下落する。だが、デュレーションが短くなるほど、利回りの上昇によって被るダメージも少なくなる。
 
現在、ハイイールド債市場のかなりの部分で利回りに含まれるリスク・プレミアムが圧縮され、利回りの上昇余地が大きくなっていることから、これは重要な点である。2016年は平均利回りが急低下し、信用スプレッド(国債利回りに対するハイイールド債利回りの上乗せ幅)は過去2年以上で最低水準となった。予想を上回るインフレ率を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを速めざるを得なくなれば、企業業績が悪化する可能性があり、そうなればハイイールド債のスプレッドは急激に上昇しかねない。
 
ただ、ショート・デュレーション戦略はそれ自体で十分だとは言えない。なぜなら、デュレーションが短いハイイールド債にとっても信用リスクが大きな波乱要因として残るからだ。現在はハイイールド市場の大部分において、信用サイクルが終盤にさしかかっているため、信用力の低いCCC格以下の「ジャンク」債を避けることがとりわけ重要となる。
 

バーベル型のアプローチ

ボラティリティを管理するもう1つの方法は、ハイイールド債と信用力の高い国債を組み合わせることである。米国債を始めとする信用力の高い国債は、金利に対する感応度が高く、成長が鈍化する場面でパフォーマンスが良くなる。一方、ハイイールド債は経済成長が加速し、金利が上昇する局面でパフォーマンスが高くなることが多い。
 
これらをバランスのとれたバーベル型アプローチを用いて組み入れれば、債券ポートフォリオはたいていの市場環境に対応できる。図表が示すように、米国10年国債とブルームバーグ・バークレイズ米国ハイイールド社債指数をそれぞれ50%ずつ組み合わせた仮想ポートフォリオで2000年まで遡ってシミュレーションを行ってみると、米国の国債、投資適格社債、ハイイールド債にそれぞれ単独で投資したポートフォリオよりも高いリスク調整後リターンを得ることができた。
 
 
異なるリスクの組み合わせでリスク調整後リターンを改善.png
 
 
あらゆる戦略と同様、ショート・デュレーション戦略やバーベル型戦略も市場が下落する場面では損失を被る。しかし、金利感応度が高い戦略や大きな信用リスクを抱えた戦略に比べれば、損失は概してより限定的となる。
 
リターンやリスク、ダウンサイド・プロテクションなどのバランスを取るためにどんな手法を選ぶかは、それぞれの投資家のニーズや求める安心のレベル次第で異なってくる。重要な点は、市場が大混乱に陥った場合でも、インカム収入の目標を完全に放棄しなくてもポートフォリオのボラティリティを抑えることはできるということである。
 

 

当資料は、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーのCONTEXTブログを日本語訳したものです。オリジナルの英語版はこちら。

https://blog.abglobal.com/post/en/2017/02/two-approaches-to-managing-volatility-in-high-yield

 

 

 

本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもABポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。本文中で言及した資産クラスの過去のパフォーマンスは将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。 
 
当資料は、2017年2月14日現在の情報を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が翻訳した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。当資料で使用している指数等に係る著作権等の知的財産権、その他一切の権利は、当該指数等の開発元または公表元に帰属します。アライアンス・バーンスタインおよびABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。
 
 

 

当資料についてのご意見、コメント、お問い合せ等はjpmarcom@abglobal.comまでお寄せください。

 

 

Rating-disclaimer.png

 

 

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号 
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
http://www.alliancebernstein.co.jp

 

当資料についての重要情報

当資料は、投資判断のご参考となる情報提供を目的としており、勧誘を目的としたものではありません。特定ファンドの取得をご希望の場合には当該ファンドの目論見書をご覧いただき、投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。下記の内容は、ファンドをお申込みされる際に、投資家の皆様にご確認いただきたい事項としてお知らせするものです。
 

投資信託のリスクについて

アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.24%(税抜3.00%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.0304%(税抜1.8800%)です。

その他費用:上記以外に保有期間に応じてご負担いただく費用があります。目論見書、契約締結前交付書面等でご確認ください。

上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的なファンドを想定しています。費用の料率につきましてはアライアンス・バーンスタイン株式会社が運用するすべてのファンドのうち、徴収するそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。

ご注意

アライアンス・バーンスタイン株式会社の運用戦略や商品は、値動きのある金融商品等を投資対象として運用を行いますので、運用ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また、ご投資に伴う運用報酬や保有期間中に間接的にご負担いただく費用、その他費用等及びその合計額も異なりますので、その金額をあらかじめ表示することができません。上記の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。

 

 

 
 
戻る

著者一覧

page top