マーケット見通し

ロイター(寄稿)

ロイターに村上尚己(むらかみ・なおき 当社マーケット・ストラテジスト)によるコラムが掲載されました。
 

最新コラム(ロイター)

2017.11.13 最大の市場リスク、「パウエルFRB議長」で解消か


米国株式市場は、朝鮮半島での有事発生リスクに対する懸念が和らいだ4月後半に反発、その後じり高が続き、11月に入ってからもダウ工業株30種など主要指数は最高値を更新している。・・・(続き

 

バックナンバー

日付 記事タイトル
2017.10.2 総選挙後のアベノミクスと日本経済シナリオ
2017.9.16 トランプ相場「復活」期待の落とし穴
2017.8.17 米株高に歯止めがかかった本当の理由
2017.7.20 株高「楽観」の落とし穴
2017.6.7 株高と債券高、偽シグナルはどちらか
2017.5.15 円安株高は行き過ぎか、気になるシグナル
2017.4.7 円と米債、割高資産に宿る投資チャンス
2017.3.3 トランプ政策への市場反応、正解は米株か
2017.2.15 円高予想の蔓延がもたらす投資機会
2017.1.17 米中対立で蘇る円高シンドロームの亡霊
2016.12.13 トランプノミクスはアベノミクスの再来
2016.11.14 トランプ円安はサプライズではない
2016.10.18 「トランプリスク」は幻影、円安再開へ
2016.9.30 日銀批判に誤り、長期金利操作は政策進化
2016.9.2 円高終焉へ、日米金融政策の視界良好に
2016.8.5 遠のく脱デフレ、擬似ヘリマネに躊躇無用
2016.7.9 ブレグジットがもたらす投資機会
2016.6.8 5月雇用統計はノイズ、投資環境改善へ
2016.5.17 世界経済は「最悪期」を脱したか
2016.4.15 日銀緩和は十分か、円高阻止の条件
2016.3.22 米FRBの慎重姿勢、株価下支えへ
2016.2.23 株安は本当に米国景気後退の合図か
2016.1.21 米国経済のリセッションは起こるのか
2015.12.21 米景気下振れシナリオは正しいのか
2015.11.20 悲観論が見落とす世界成長エンジン
2015.10.16 市場心理の悲観傾斜がもたらす投資機会
2015.9.11 ドル円とユーロドルの「かい離」進むか
2015.8.28 世界同時株安で生まれた投資機会
2015.7.22 中国経済安定の兆し、世界株高進むか
2015.6.19 米利上げ「後ずれ」の背景、目先はドル高一服か
2015.5.26 米経済に悲観無用、金利正常化でドル高へ
2015.4.17 ドル高で米経済は失速するか
2015.3.20 米利上げ期待を冷ます「静かなサプライズ」
2015.2.20 金融緩和「懐疑論」の落とし穴
2015.1.16 ユーロ安が「長期化」する理由
2014.12.29  ロシア危機で「リスクオフの円高」到来は本当か
2014.11.21 解散総選挙でアベノミクス復活へ
2014.10.24  世界が警戒する消費増税「断行」リスク
2014.9.25 さらなる円安が景気回復を後押しする訳
2014.8.19 日本株を復活に導く「第2の矢」の方向転換
2014.7.28 米経済は本格回復へ、長期停滞論争に終止符

※ロイターが運営するウェブサイトへ移動します。 

 

NMurakami.jpg

村上尚己 (むらかみ・なおき マーケット・ストラテジスト)

2014年5月に入社。入社以前はマネックス証券株式会社にて、チーフ・エコノミストとしてグローバルなマクロ環境や金融政策、マーケットの情報提供を行う。それ以前はゴールドマン・サックス証券株式会社にて経済調査部シニアエコノミストとして日本経済・金利予測、BNPパリバ証券にて経済調査部エコノミストとして日本経済予測、第一生命経済研究所にて副主任研究員として日本・米国・アジアの経済予測分析をそれぞれ担当する。他に日本経済研究センター、第一生命保険相互会社に勤務。金融政策の分析に精通しており、2013年の政策転換前から、日本銀行による金融緩和強化の必要性を自著等で論じていた。2008年に日経ヴェリタスのアナリスト・ランキング、2007年にインスティテュショナル・インベスター誌のアナリスト・ランキングでエコノミスト部門にランキングされる。

著書に「日本人はなぜ貧乏になったか?」(2013年、中経出版)、「円安大転換後の日本経済」 (2013年、光文社)、「新しいお金のルール」(2013年、中経出版)。共著書に「経済危機『100年に一度』の大嘘」(2009年、講談社)、「アジア通貨危機の経済学」(1998年、東洋経済)がある。その他、マネックス証券エコノミックレポートやゴールドマン・サックス証券Japan Economics Weeklyなどレポートを多数執筆。1994年に東京大学経済学部で学士号、2004年にロンドン大学で経済学ディプロマを取得。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。在籍:東京(アライアンス・バーンスタイン株式会社)

 

  • ●当コラムは信用できると判断される情報をもとに作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当コラムに掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。
  • 当コラムの内容は予告なしに変更することがあります。

 

 

 

戻る

 

page top