news & topics ニュース&トピックス

債券、株式運用に高い評価 「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」 受賞のお知らせ

2017.03.21

ニュースリリース

 

【東京—2017年3月21日】

アライアンス・バーンスタイン株式会社(東京都千代田区)(代表取締役社長: 山本誠一郎)は、「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」において、投資信託・債券部門の『最優秀運用会社賞』に選出されました。
 
同時に、「アライアンス・バーンスタイン・新興国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)」が「投資信託/株式型 エマージングマーケット グローバル(評価期間5年)」部門で『最優秀ファンド賞』に選出されました。
 

Lipper Logo【部門】最優秀運用会社賞 投資信託・債券部門
 
【部門】投資信託/株式型 エマージング・マーケット
    グローバル(評価期間5年) 最優秀ファンド賞
 
 
 
 

引き続きお客様に良好なパフォーマンスをお届けすべく最善を尽くす所存でございますので、今後もさらなるお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

アライアンス・バーンスタインについて
アライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)は、世界各国において、機関投資家や個人投資家、個人富裕層に対して、高品質のリサーチと広い範囲にわたる資産運用サービスを提供する世界有数の資産運用会社です。運用プロフェッショナル約490名(2016年12月31日現在)を擁し、様々な資産運用サービスを世界21カ国で提供しています。2016年12月31日現在の運用資産総額は約56.0兆円です。ABには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン・ホールディング・エル・ピーはニューヨーク証券取引所に上場しています。

 


アライアンス・バーンスタイン株式会社について
アライアンス・バーンスタイン株式会社は、ABの日本拠点です。1986年の拠点開設以来、個人投資家や機関投資家向けに投資信託や年金運用などの投資サービスを提供しています。2016年12月31日現在の運用資産総額は約4兆5,015億円です。

より詳しい情報は、http://www.alliancebernstein.co.jp/でご覧ください。

 

金融商品取引業者関東財務局長(金商)第303号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会

 

AB50Logo

 

 

 

 

<ご留意事項>
当資料は、ニュースリリースとしてアライアンス・バーンスタイン株式会社が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。また、勧誘を目的に使用することはできません。当資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更することがあります。当資料は、信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。



「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2017」について
「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」は、世界各都市で開催している「Thomson Reuters Lipper Fund Awards」プログラムの一環として行われ、日本において販売登録されている国内および外国籍ファンドを対象に、優れたファンドとその運用会社を選定し、表彰するものです。 選定/評価に際しては、トムソン・ロイター リッパー独自の投資信託評価システム「リッパー・リーダー・レーティング・システム(トムソン・ロイター リッパー・リーダーズ、Thomson Reuters Lipper Leaders)」の中の「コンシスタントリターン(収益一貫性)」を用いています。


 

運用会社アワード評価方法

  • 債券部門、株式部門、ミックスアセット部門、総合部門において、最優秀運用会社を選定します。
  • 債券部門、株式部門においては5本、ミックスアセット部門においては3本、該当部門のファンドを有する運用会社を評価対象とします。総合部門については、債券部門、株式部門においてそれぞれ5本以上、ミックスアセット部門において3本以上のファンドを有する運用会社を評価対象とします。
  • 債券、株式、ミックスアセットの各部門の評価では、評価期間を3年間として、対象運用会社の該当ファンドすべてについて、上記「コンシスタントリターン(収益一貫性)」と同様の評価を行い、運用会社ごとの該当ファンド平均値にてランキングし、最優秀運用会社を選定します。
  • 総合部門も同様の評価方法を用いて、運用会社ごとの該当ファンド平均値にてランキングし、最優秀運用会社を選定します。


 

最優秀ファンド評価方法

  • 評価対象ファンドは、日本国内で販売登録されているファンドのうち、2016年末時点で36カ月以上の運用実績のあるファンド並びに2017年4月1日以降に償還を迎えるファンドとします。
  • リッパー独自のファンド分類を用い、1つの分類に上記該当ファンドが10本以上(「確定拠出年金」部門は5本以上)存在するすべての分類(「スポット・ファンド」、「その他セクター」分類、「機関投資家用分類」及び「通貨選択型ファンド」を除く)を評価対象とします。
  • 評価期間は、「3年間」、「5年間」及び「10年間」とし、リッパー独自の投資信託評価システム「リッパー・リーダー・レーティングシステム(トムソン・ロイター リッパー・リーダーズ)」で採用している「コンシスタントリターン(収益一貫性)」と同様の評価を行い、各分類の最優秀ファンドを選定します。

「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワードの評価の基となるトムソン・ロイター リッパー・リーダーズのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。トムソン・ロイター リッパー・リーダーズが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、リッパーが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。」

 

 

お問合せ先:
アライアンス・バーンスタイン株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
本間 康之(ほんま やすゆき)/信田 拓馬(のぶた たくま)
TEL: 03-5962-9135

 

 
 
戻る
page top