アライアンス・バーンスタイン SICAV-インターナショナル・テクノロジー・ポートフォリオ

アライアンス・バーンスタイン SICAV-インターナショナル・テクノロジー・ポートフォリオ
(愛称)ABワールド・イノベーション・ファンド ~世界の変革者~

お気に入り追加ボタン

2020/7/9 現在

純資産価格($) 前日比
641.36 4
主なリスク

ファンドは、その資産の大部分を世界のテクノロジー関連企業の株式に投資しますので、ファンドの組入株式の価格の下落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ファンドの1株当り純資産価格が下落し、損失を被ることがあります。また、ファンドが米ドル以外の通貨建ての有価証券に投資する場合には、為替レートの変動により損失を被ることがあります。したがって、ご投資家のみなさまの投資元金は保証されているものではなく、ファンドの1株当り純資産価格の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。また、ファンドは米ドル建てですので、日本円によって投資されるお客さまの場合には為替相場の変動によっては換金時の円貨お受取額が円貨ご投資額を下回る可能性があります。投資信託は預貯金と異なります。

ファンドの1株当り純資産価格の変動要因としては、主に以下のようなものがあります。
株価変動・市場リスク

経済・政治情勢や発行企業の業績等の影響でファンドの組入株式の相場が変動し、損失を被るリスクがあります。

信用リスク

ファンドの組入株式の発行体が経営不安や倒産等に陥った場合に資金回収ができなくなるリスクや、それが予想される場合にその株価の下落で損失を被るリスクがあります。

為替リスク

ファンドが米ドル以外の通貨建ての有価証券に投資する場合には、為替レートの変動により損失を被ることがあります。ファンドは米ドル建てのため、米ドル建ての投資元本を割り込んでいない場合でも、為替相場の変 動により円換算ベースでは投資元本を割り込む場合があります。日本円で投資されるお客さまの場合には、為替相場の変動によっては換金時の円貨お受取額が円貨ご投資額を下回る可能性があります。

流動性リスク

市場規模や取引量が限られる場合などに、機動的に有価証券の取引ができない可能性があります。また、ファンドが保有する有価証券が期待された価格で処分できず、損失を被るリスクがあります。

カントリー・リスク

ファンドの組入有価証券の発行国の政治・経済・社会情勢の変化で金融・証券市場が混乱し、組入有価証券の価格が大きく変動する可能性があります。

テクノロジー産業

リスク

ファンドはその投資をテクノロジー関連企業に集中して行うため、テクノロジー産業に影響を与える諸要素に敏感であり、より広範囲の産業に投資するポートフォリオより価格変動幅が大きくなる可能性があります。

※ファンドのリスク要因は上記のものに限られません。詳細は投資法人説明書(交付目論見書)の「第二部ファンド情報、第1ファンドの状況、3投資リスク」をご覧ください。

お客様にご負担いただく費用

【投資者が直接的に負担する費用】

 

お申込手数料

お申込日の1株当り純資産価格に、5.5%(税抜5.0%)以内で日本における販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とします。詳細については、販売会社にお問い合わせください。

 

【投資者が信託財産で間接的に負担する費用】

 

管理報酬

ファンドの日々の平均純資産総額の最初の300,000,000米ドルまでの部分についてはクラス I 株式に帰属する純資産総額の年率1.20%とし、300,000,000米ドルを超える部分については年率0.95%に相当する額とします。  (管理報酬には、投資顧問報酬、株主サービス報酬、代行協会員報酬が含まれます。)

管理会社報酬 クラスI株式の日々の平均純資産総額の年率0.05%に相当する額とします。

保管報酬、管理事務代行報酬および名義書換代行報酬*

これらの報酬はそれぞれルクセンブルグの通常の慣行に従い、資産を基準とする報酬と取引手数料の組合せによる報酬をファンドの資産から受領します。通常、これらの報酬の年間の総額は、ファンドの純資産総額の1%を超えることはありません。各報酬の合計額は、ファンドの構成資産の規模、組入証券の発行国、組入証券の取引量等の要因によって変化します。なお、保管報酬は、ファンドの各月最終取引日の純資産総額の年率最低0.005%から年率最高0.50%までの範囲とします。(ただし年次最低報酬額は10,000米ドル)
その他の費用* その他費用として、ファンドの運営・管理・取引費用、ファンドの資産および収益に課せられる一切の税金、監査報酬、弁護士報酬、以上に類似する「その他の費用」は、ファンドが実費として負担します。詳しくは投資法人説明書(交付目論見書)の「第二部 ファンド情報、第1ファンドの状況、4 手数料等 及び税金」をご覧ください。

(*) 「管理事務代行報酬、名義書換代行報酬」および「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。

 ※ 上記費用等の合計額等については、ご投資家のみなさまがファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
page top