ALLIANCE BERNSTEIN

Worldwide ESG Investment

世界のESG

ESGの世界を私たちと一緒に
旅してみませんか?

今、世界で様々なESGに関する動きが生まれています。

United Kingdom

イギリス写真
  • 写真:トラファルガー広場(英国)
  • 羽田空港からヒースロー空港までの所要時間:およそ12時間30分

イギリス

ショッピングの陰に隠れている
真のコストに関心が高まる

イギリスで現在関心が高まっていること。
それは、ショッピングの陰に隠れている真のコストです。

たとえば、自動車の光沢ある塗装。この成分の1つであるケイ酸塩鉱物の雲母は、インドの鉱山での児童労働などによって産出されています。美しく仕上げられた車の陰では、洗車場で働く労働者が搾取の犠牲になっているかもしれません。

投資家はどうすればこうした慣行や被害者に光を当てることができるのでしょうか?
投資家が企業のリーダーや経営陣に直接働きかけ、サプライチェーンや事業の「現代奴隷」への取り組みを促すことも重要だとABは考えています。

India

インド写真
  • 写真:レー・ラダック・インディア(インド)
  • 成田国際空港からインディラ・ガンディー国際空港(デリー)までの所要時間:およそ10時間

インド

経済活動の停止で、
大気汚染に隠れていた絶景が出現

インドを含むアジアのある地域の住民たちは何十年かぶりに素晴らしい景色を見ることができました。
それはヒマラヤ山脈です。

新型コロナウイルスによる工場の操業停止や外出自粛要請。これらにより、汚染物質の排出量が減り、大気汚染の濃度も低下、その結果空気が綺麗になったのです。温室効果ガスも同様に減少した可能性があります。しかし、一時的ではなく減少傾向が続かない限り、気候変動の問題は解決されません。新型コロナウイルスと気候変動はどちらも、破滅的な結果をもたらしかねない世界規模のシナリオとしてABは捉えています。

Denmark

デンマーク写真
  • 写真:ニューハウン(デンマーク)
  • 成田国際空港からコペンハーゲン空港までの所要時間:およそ11時間20分

デンマーク

国を豊かにする風力は、
世界のリスクを未然に防ぐ一翼に

デンマークと言えば、豊かな海の資源。
このデンマークでは自然を活用した洋上風力による電気が普及し、国内だけでなく世界をも変え始めています。地域の雇用を生み出し、風力発電所の株主として市民も参加、近隣国には再生可能エネルギーを輸出し、デンマークの風力発電は成長を遂げているのです。風力に関わる会社の一つ、ベスタス・ウィンド・システムズはデンマークの企業。同社の作る風力発電機は世界82か国に導入されています。

気候変動が企業や業界にもたらすリスクや機会は刻々と変わります。リスクを未然に防ぐ方法を学び、改善を続ける。これが投資のパフォーマンスを押し上げることにもつながるとABは考えています。

Italy

イタリア写真
  • 写真:コロッセオ(イタリア)
  • 成田国際空港からレオナルド・ダ・ヴィンチ空港(ローマ)までの所要時間:およそ12時間50分

イタリア

コロナ禍で、別の強みが見えた
再生可能エネルギー

イタリアのグリーン電力比率をご存じでしょうか。
イタリアのエネルギー・グループであるエネルは、再生可能エネルギーの目標を達成できなかった場合にコストペナルティを課す債券を初めて発行しています。2021年までに55%を再生可能エネルギーにするという目標で、達しなかった場合は額面金利が上昇するというものです。

将来の太陽光発電や風力発電特有の性質に対応するために、高度なシステムを構築していた同社。結果、コロナ禍でも送電・配電業務の大部分を遠隔で実施でき、何千人もの作業員は対面の仕事から離れることができました。独自の顧客監視システムで請求書の支払いに困っている顧客を特定し、救済することもできました。
多くの場合、このような企業行動は収益力にも影響を与え、株式のパフォーマンスにも好影響を与えるものだとABでは考えています。

Republic of Chile

チリ写真
  • 写真:トレス・デル・パイネ国立公園(チリ)
  • 成田国際空港もしくは羽田国際空港からアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(サンティアゴ)までの所要時間:およそ26~38時間。(ロスアンゼルス、アトランタ、ダラスなどの乗り継ぎ時間を含む)

チリ

消費者ニーズと
長期的な視点で下した英断

2年以内に石炭火力発電所をすべて閉鎖する。
この決断をしたのは、チリ最大の電力会社であるエネル・チリです。ABは、エネルの経営陣との対話で、決断の背景を詳しく調査しました。

その結果、新しい再生可能発電所の建設費用が低下していること、低炭素エネルギーに対する顧客ニーズが高まっていること、排出する炭素量が多い石炭火力発電所への規制コストの上昇する懸念、という背景が、エネルが脱炭素化を急ぐ理由であることが分かりました。

Brazil

ブラジル写真
  • 写真:アマゾン川(ブラジル)
  • 成田国際空港からグアルーリョス国際空港(サンパウロ)までの所要時間:およそ25時間~(ニューヨークなどの乗り継ぎ時間を含む)

ブラジル

アマゾンの熱帯雨林を守るため、
対話を続ける

今、このブラジルで起きているある問題が、世界へ大きな影響を及ぼしています。それはアマゾンの熱帯雨林の縮小です。過去からの農作物や金鉱山、発電所などの開発のために、森林伐採や環境汚染が深刻になっているのです。開発により、約2割の熱帯雨林が失われたともいわれ、2030年までには6割が破壊されるだろうという予測もあります。

ABは、気候変動に直結するこの環境問題に向き合うブラジルの企業、スザノと対話を続けています。紙を作るという木と密接に関わる事業を通して、森林を守る。その姿勢をABは評価し、ブラジルの熱帯雨林を守るための対話を続けています。

*参考となる商品は、あくまで参考例として、文中に出てくる企業を組入れた弊社ファンド(2021年3月末時点)を記載しています。
また、ABはこれらの銘柄を推奨または取得のお申込みの勧誘を行うものではありません。