方針等

日本版スチュワードシップ・コードに関する表明

アライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)*は、世界有数の資産運用およびリサーチ会社として、幅広い知見、専門性、革新性を生かし、世界中のお客様と受益者様の利益の向上に努めます。我々は受託者責任の一環としてスチュワードシップ責任を重視し、投資プロセス全体を通じて、その実践に積極的に取り組みます。また、企業統治の改善に向けて、総合的なアプローチで投資先の評価やモニタリングを行い、積極的な株主行動を実践・提唱します。

 

我々は日本版スチュワードシップ・コードの受け入れをここに表明します。ABは、責任投資、ESGインテグレーション、エンゲージメントや協調に関するグローバル統一ポリシーとして「AB Global Stewardship Statement」を制定しています(2021年3月に公表、以下リンク先ご参照(英語))。

 

・AB Global Stewardship Statement

 

この「AB Global Stewardship Statement」は2020年3月24日に改訂された「日本版スチュワードシップ・コード」の各原則に準拠するものであり、その対応表は、以下のリンクのとおりとなります。

 

・日本版スチュワードシップ・コード(2020年改訂版)への対応表

 

*アライアンス・バーンスタインおよびABには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社はABの日本拠点です。

 

 

スチュワードシップ活動の振返りと自己評価について

 

 

page top