運用サービス

運用サービス

株式

アライアンス・バーンスタインの株式運用では、お客様の多様な運用ニーズに応じて最適と考えられる運用サービスを提供すべく、多様な投資スタイルをもって世界各地域の様々な規模の時価総額の銘柄にアクティブな手法で投資することで、幅広い株式投資ニーズに対応します。長期的かつ安定的な投資リターンを獲得するために投資戦略の多様化が鍵を握ると考えており、変動性の高い株式市場への適応を可能とする株式プラットフォームを構築しています。

                          株式② rev.jpg
 

株式

安定重視型株式
  • グローバル・コア株式戦略

    • グローバル・コア株式戦略は、グローバル株式に投資するコア戦略で、持続的に高いキャッシュフロー投下資本収益率(CFROI)を創出する企業を発掘し、個別銘柄選択を超過収益の源泉とします。地域、国、時価総額、スタイルといった市場要因による影響を最小限に抑え、様々な市場局面で超過収益を確保し、長期的に安定した投資リターンを実現することを目指します。

  • グローバル・ストラテジック・コア株式戦略

    • グローバル・ストラテジック・コア株式戦略は、先進国株式に投資するコア戦略で、ファンダメンタル分析と定量分析を融合し、高クオリティで株価の安定した魅力的なバリュエーションの銘柄に投資を行います。資産価値減少リスクの抑制を重視し、絶対的なリスク管理を行うことにより、市場指数よりも低い絶対リスクで、中長期的に市場指数を上回るリターンを目指します。

  • エマージング・マーケット・ストラテジック・コア株式戦略

    • エマージング・マーケット・ストラテジック・コア株式戦略は、新興国株式に投資するコア戦略で、ファンダメンタル分析と定量分析を融合し、高クオリティで株価の安定した魅力的なバリュエーションの銘柄に投資を行います。資産価値減少リスクの抑制を重視し、絶対的なリスク管理を行うことにより、市場指数よりも低い絶対リスクで、中長期的に市場指数を上回るリターンを目指します。

  • グローバル・リート戦略

    • グローバル・リート戦略は、徹底したファンダメンタル分析と定量分析に基づき、高い配当利回り(高インカム)が期待でき、かつ、割安と判断される世界のリート銘柄に投資を行います。ポートフォリオは、魅力的な中小型銘柄に重点投資を行うことに特徴があり、幅広いリート銘柄への分散投資により、リスク調整後ベースの投資リターンの最大化を目指します。

伝統的株式
  • 米国大型グロース株式戦略

    • 米国大型グロース株式戦略は、米国の大型成長株式を投資対象とし、徹底したボトムアップ・リサーチに基づき、長期にわたり持続的な利益成長が期待され、資本構造が強固でキャッシュフローを安定的に創出している卓越した優良企業を発掘し、このような持続的成長企業に厳選投資を行うことにより、中長期的に市場指数を上回るリターンを目指します。

  • 米国中小型グロース株式戦略

    • 米国中小型グロース株式戦略は、米国の中小型成長株式を投資対象とし、企業の潜在利益成長力と市場コンセンサスとの乖離(ダイナミック・ギャップ)に着目し、ファンダメンタル分析とクオンツ分析を融合した規律ある運用プロセスを通じ、市場を上回る成長を期待できる高クオリティ企業へ投資を行い、中長期的に市場指数を上回るリターンを目指します。

  • エマージング・マーケット・グロース株式戦略

    • エマージング・マーケット・グロース株式戦略は、リサーチにより得られた洞察に基づく銘柄選択と投資行動による超過収益の獲得を目指します。独自の製品またはサービスの提供、高い参入障壁、企業戦略を実行する経営陣の能力など複数の要因により市場の期待を上回る高い成長性が認められる、エマージング市場の企業に対して投資を行います。

  • グローバル・バリュー株式戦略

    • グローバル・バリュー株式戦略はバリュー(割安)株式に特化したポートフォリオを運用します。徹底したファンダメンタル分析と定量分析に基づいたボトムアップの個別銘柄選択が超過収益の源泉です。ポートフォリオは、企業の長期的な収益力と比べて割安に取引されている銘柄を厳選することにより、リスク調整後ベースの投資リターンの最大化を目指します。

  • 米国中小型バリュー株式戦略

    • 米国中小型バリュー株式戦略は、米国の中小型銘柄で割安と判断する株式に投資することで長期的な超過収益の獲得を目指す、バリュー株式運用です。ポートフォリオは、徹底したファンダメンタル分析と定量分析に基づき、企業の長期的な収益力と比べて割安に取引されている銘柄を厳選することにより、リスク調整後ベースの投資リターンの最大化を目指します。

  • エマージング・マーケット・バリュー株式戦略

    • エマージング・マーケット・バリュー株式戦略は、エマージング市場において割安と判断する株式に投資することで長期的な超過収益の獲得を目指す、バリュー株式運用です。ポートフォリオは、徹底したファンダメンタル分析と定量分析に基づき、企業の長期的な収益力と比べて割安に取引されている銘柄で構成されます。また、アライアンス・バーンスタイン独自の国別配分アプローチを採ることでリスクを低減しながら長期的な超過収益の獲得を目指します。

  • グローバル・サステナブル・テーマ株式戦略

    • グローバル・サステナブル・テーマ株式戦略は、トップダウン型およびボトムアップ型の独自リサーチに基づく銘柄選択を通じた超過収益の獲得を目指します。トップダウン型リサーチでは、国連の持続的な開発目標(SDGs)の17目標を基礎に、グラス・ルーツ・リサーチ(現地視察調査)により長期的テーマを特定します。ボトムアップ型リサーチでは、トップダウン型リサーチで特定した長期的テーマに沿って、力強い利益成長の見通しとバリュエーションを備えた魅力的な投資候補を特定します。2種類のリサーチを組み合わせて得られた確信度の高い付加価値を創出する可能性の高い有力な投資機会を捉え、社会および環境の改善に積極的に貢献する投資を通じて、投資リターンを創出することを追求しています。

集中投資
  • グローバル成長株集中投資戦略

    • グローバル成長株集中投資戦略は、世界中の企業を対象とした独自のファンダメンタル分析に基づく銘柄選択により選定された、約25~35の銘柄で構成されるポートフォリオを運用します。ボトムアップ型のリサーチにより、最も魅力的な投資候補(持続的に高い収益成長が期待でき、かつ魅力的な価格で取引されている優れた企業)を特定します。当戦略は、クオリティ重視、詳細な5年間収益予測、本質的な現在価値により企業の魅力度を判断するバリュエーション手法、綿密なリサーチ、チーム・アプローチを運用の特徴としています。

  • 米国成長株集中投資戦略

    • 米国成長株集中投資戦略は、独自のファンダメンタル分析に基づく銘柄選択により選定された、約15~20の銘柄で構成されるポートフォリオを運用します。ボトムアップ型のリサーチにより、最も魅力的な投資候補(持続的に高い収益成長が期待でき、かつ魅力的な価格で取引されている優れた企業)を特定します。当戦略は、クオリティ重視、詳細な5年間収益予測、本質的な現在価値により企業の魅力度を判断するバリュエーション手法、綿密なリサーチ、チーム・アプローチを運用の特徴としています。

絶対リターン
  • セレクト米国株式ロング/ショート戦略

    • セレクト米国株式ロング/ショート戦略は、米国大型株を中心とする銘柄選択を収益源泉とし、綿密なボトムアップ・リサーチによるファンダメンタルを重視した銘柄選択と、トップダウンによる市場・経済環境を反映した機動的なポジション調整により、様々な市場局面を通じてリスク調整後リターンの獲得を目指します。ネット・エクスポージャー(ロング-ショート)は、通常30 ~70 %のレンジで推移し、グロス・エクスポージャー(ロング+ショート)は100 %かそれ未満とレバレッジの利用は限定的です。

  • スタビリティー・アブソリュート・アルファ戦略

    • スタビリティー・アブソリュート・アルファ戦略は、先進国株式を投資対象とするアクティブ株式ポートフォリオを構築し、株式市場指数先物のショート(売り)によりポートフォリオの株式市場に対する感応度(ベータ)を中立化したマーケット・ニュートラル型の運用です。アクティブ株式ポートフォリオは、グローバル・ストラテック・コア戦略に基づき構築され、株式市場ベータのリスク・ヘッジにより、債券資産並みのリスクで、銘柄選択効果による安定的な絶対リターンの獲得を目指します。

  • 債券
  • 株式
  • マルチアセット
  • オルタナティブ
  • リスク抑制
  • リターン追求
  • 更なる分散

投資一任契約に関する留意事項はこちらをご覧ください。

アライアンス・バーンスタインには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。

運用サービスへ戻る

 

page top